税金が発生するアフィリエイトの売上げ

安い費用ですぐ始められるビジネス

インターネットにはたくさんのビジネスチャンスが転がっていますが、元手が必要となるものが多いため、簡単には始められないと考えるかもしれません。たしかに、ネットショップなどの在庫が必要なビジネスをおこなうのなら、初期費用が発生するため、お金がない方は開始するのに苦労するでしょう。しかし、現在ではウェブサイトを作成して、そちらに広告を載せるとことでお金を稼げるアフィリエイトというものが存在しています。こちらの場合は、レンタルサーバーを利用する料金とドメインを取得する料金くらいしか発生しませんので、安い費用で稼ぎたい方には強くおすすめできます。ネットショップとは違って、月に1000円もあれば始められるので、費用を気にする方も気軽にチャレンジしてみましょう。

国に収めなければいけないお金がある

アフィリエイトで、ある程度の売上げを確保できるようになった場合に、しっかりとしなければいけないのは税金のことです。インターネット上で得たお金でも、売上げをきちんと国に報告して、税金を納めなければいけないので注意しましょう。もちろん、収めなければ脱税となってしまうため、場合によっては税務署から連絡が来ることになります。そこまでいってしまうと、滞納金も発声するので、できる限りではなく必ず国に収めるようにしましょう。

市民税や都民税にも気をつけること

アフィリエイトのサービスをおこなっている会社はたくさんありますが、すべてのところが税金に関する手続きはおこなっていないといっても過言ではありません。そのため、稼いだ売上げを国に伝えて、支払うべき金額を教えてもらうために、確定申告という手続きが必要となります。ただし、一定の金額以上、稼いでいなければ申告をおこなわなくてもよいというシステムもあります。その金額は本業か副業かでも変わってきますので、手続きが必要かどうか調べてみるとよいでしょう。なお、税金のことで忘れてしまいがちなのが、市民税や都民税という存在です。それらが面倒なのは、確定申告が必要ない金額しか稼いでいなくても、申告する義務があることです。確定申告をおこなっていれば、勝手に市民税や都民税を計算してくれますが、おこなっていないのなら別途申告する必要があります。その期間は確定申告と一緒なので、一万円でも二万円でも収入があったのならば、きちんと報告をして脱税にならないようにしましょう。